RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, -
ロッキー・ザ・ファイナル
評価:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 6作目。完結編。
前作5作目から16年の時を経てついに完結。
50歳(実際のスタローンは60歳)になったロッキーが
最後に一花咲かす感動作。
話の流れはベタですが、これはかなりいい作品でした!
エイドリアンが亡くなっていたのはちょっと残念な感じでしたが
それによって物語に深みが出た感じも。
息子との交流やリトル・マリーとの話など
今までの作品観てるとより入り込めるかと。
ずっとそうだけど、ポーリーは相変わらずひどい義兄だけど
最後はいいやつで憎めないのよねw
体の衰えを感じさせずにはいられないけど
これはかなりオススメです☆

ということで、ついにロッキー6作品全制覇!
結論としては、
1〜3を観てから最後に6を観るってぐらいが
フルに楽しめていいかもw
元気を出したいときとか、人生に迷ったときには
きっと助けになるシリーズです◎
author:dragondog, category:映画, 12:45
comments(0), trackbacks(0), -
ロッキー5
評価:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 5作目。
エイドリアンの説得もあってロッキーついに引退。
トレーナーをする中で才能ある教え子と一緒に頂点を目指す。
しかし、もうちょっとで頂点というところで…
最後の結末はかなりヒドい。。
路上で教え子をボコして終了とか…
一応これでシリーズ完結の予定で、「最後のドラマ」ってサブタイトルがついていますが
あまりにひどかったからか最後にはならず。
うーん、これは観なくてもいいかな。。
author:dragondog, category:映画, 12:38
comments(0), trackbacks(1), -
ロッキー4
評価:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 4作目。
ソ連対アメリカ色が強いエンタメ作品に。
流れは同じで、最後はアポロの敵をとります。
ストーリーがマンネリすぎてさすがにもう…
あいかわらず最初は反対してたけど最後は応援するエイドリアンw
てか、ロッキー強すぎでしょw
author:dragondog, category:映画, 12:33
comments(0), trackbacks(1), -
ロッキー3
評価:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 3作目。
一気にロッキーがスーパースターに。
トレーナーのミッキーの死は結構壮絶。
宿敵だったアポロとの友情が割と中心かな。
最後はお決まりのハッピーエンドw
ちょっとマンネリ感出てきた感が。。
最後の試合後のアポロとの秘密の対戦の件は結構好き。
author:dragondog, category:映画, 12:29
comments(0), trackbacks(0), -
ロッキー2
評価:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 2作目。
1作目の宿敵アポロとのリベンジマッチ。
ついに勝ちますw
ストーリーはほぼ同じ流れ。
エイドリアンも最初は反対するけど、最後は応援。
ロッキー、タフすぎですw
author:dragondog, category:映画, 12:27
comments(0), trackbacks(1), -
ロッキー
評価:
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

 「エイドリアーン!」で有名なボクシング映画w
実はちゃんと観たの初めてだったけど
エイドリアンがあんなにモサいとは…(笑)
しかも実は最後は判定で負けるとはw
元気出したいときにはオススメです☆

さて、こっから一気にシリーズ制覇です!
author:dragondog, category:映画, 12:24
comments(0), trackbacks(1), -
ビッグ・リバー
 日本人(オダギリジョー)、アメリカ人女性、パキスタン人男性という一風変わった登場人物によるロードムービー。
観る前はあんまり期待してなかったけど
意外と面白かった〜
オダギリファンはぜひw
author:dragondog, category:映画, 15:05
comments(0), trackbacks(0), -
ロスト・イン・トランスレーション
 不思議な雰囲気の作品。
孤独感や哀愁漂う感じが嫌いじゃないね。
盛り上がる場面とかまったくないけど
最後の別れのシーンはちょっとジーンときた。
ソフィア・コッポラ監督の実体験をもとにしてるらしい。
現代社会で生きていくのって難しいですね。。
author:dragondog, category:映画, 14:51
comments(0), trackbacks(0), -